ニュース

アライドテレシス、Wi-Fi 6の8×8ストリームに対応可能なハイエンドアクセスポイントを発売

AT-TQm6702 GEN2

 アライドテレシス株式会社は6日、無線LANアクセスポイント「TQ6000シリーズ」の第2世代モデルとして、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)の8×8ストリームに対応可能な「AT-TQ6702 GEN2」「AT-TQm6702 GEN2」の2モデルを発表した。出荷は既に開始されている。

 AT-TQ6702 GEN2/AT-TQm6702 GEN2は、Wi-Fi 6の8空間ストリームに対応したアクセスポイントで、アライドテレシス製アクセスポイントのフラグシップモデルに位置付けられており、5GHz帯で最大4.8Gbps、2.4GHz帯で最大1.1Gbpsの高速通信を行えるという。5GHz帯と2.4GHz帯は同時利用にも対応しており、それぞれ最大500台の端末を収容できる。今後は、双方向MU-MIMOやOFDMAにも対応する予定だ。

 また、有線のインターフェイスは2.5G/5GBASE-Tや1000BASE-T/100BASE-TXに対応したポートを2基搭載し、両ポートともPoE+受電に対応する。

 加えて、管理製品である「Vista Managerシリーズ」との組み合わせで、接続環境を自動調整し安定した高速通信を実現するアライドテレシスの独自技術「AWC」をサポート。上位モデルのAT-TQ6702 GEN2は今後、シングルチャネル運用を可能にする「AWC-CB」や、容易な無線LANエリア拡張を行える「AWC-CB」といった機能にも対応する予定とした。

 このほか、無線LAN端末の左右の動きだけでなく、上下左右時間(過去)を含めた多次元管理が可能なソリューション「MDX(Multi-dimensional Exchange)」の構築も可能。MDXはマップベースで各端末の設定や通信状態を過去までさかのぼり、多彩な情報を多次元で切り替えて視覚化できるため、障害時の原因究明をスムーズに行えるとしている。

 価格(税込)は、上位モデルのAT-TQ6702 GEN2が20万7900円、下位モデルのAT-TQm6702 GEN2が15万1800円。なおAT-TQm6702 GEN2は、AWC-CBやAWC-SCへの対応予定がないほか、Vista Managerシリーズによる最大管理台数が100台までに制限されている(AT-TQ6702 GEN2は最大3000台)。