イベント

Google Cloud、エンタープライズでの利用事例をアピール

円周率計算の世界記録を更新したシステムの解説も

 GoogleのクラウドサービスであるGoogle Cloudのカンファレンス「Google Cloud Next '19」が4月9日から4月11日まで、米国サンフランシスコにて開催された。

 Google Cloudは、AWSやMicrosoft Azureに比べるとエンタープライズシステムでの利用で遅れをとっている、としばしば言われる。昨年Google CloudのCEOに就任したThomas Kurian氏は、その打開を期待されて就任したとも言われている。

 そうした中の今回のGoogle Cloud Next '19では、技術や新サービスと同時に、エンドユーザー企業の産業別ソリューションへの取り組みをアピールしようという意図が明らかだった。基調講演でも、業界ごとに利用企業を紹介し、いくつかの企業から人を招いて話を聞くパートが随所に設けられた。

エンタープライズでの利用動向

Google Cloudの産業別ソリューションをアピール

 ヘルスケア業界では、PhillipsのAlpna Doshi氏(Group CIO)が登場した。

ヘルスケア業界の利用企業
PhillipsのAlpna Doshi氏(Group CIO)と、Thomas Kurian氏

 小売業界の利用企業も紹介され、Colgate-PalmoliveのMike Crowe氏(CIO)が登場した。

小売業界の利用企業
Colgate-PalmoliveのMike Crowe氏(CIO)と、Thomas Kurian氏

 金融業界では、ChaseとANZ(オーストラリア・ニュージーランド銀行)が加わったことが紹介。JP Morgan CHaseのReggie Chambers氏(Chief Administrative Officer, Chase Consumer Banking)が登場した。

金融業界の利用企業
JP Morgan CHaseのReggie Chambers氏(Chief Administrative Officer, Chase Consumer Banking)と、Thomas Kurian氏

 製造業ではUPSやBOSEが加わったことが紹介された。

製造業の利用企業

 通信・メディア・エンターテイメント業界では、USA TODAYやViacom、Sprintなどが加わったことが紹介され、ViacomのDavid Kline氏(CTO)が登場した。

通信・メディア・エンターテイメント業界の利用企業
ViacomのDavid Kline氏(CTO)

 公共機関&教育の分野では、アメリカ共通役務庁などが紹介された。

公共機関&教育の分野の利用

 なお、展示会でも、Googleの産業別ソリューションのコーナーが設けられていた。

Googleの産業別ソリューションのコーナー

機械学習によるGoogle Map作成

 新発表というわけではないが、基調講演ではGoogle Mapについても語られた。ちょうど日本ではGoogle Mapの変更が話題になったタイミングとなった。

 Jen Fitzpatrick氏(SVP, Geo)は、「地図もスマートになる」として、機械学習によって道路やビルの輪郭を抽出するところを示した。また、人が見るだけでなく、自動車やライドシェア、ゲーム業界、旅行などへの応用も紹介された。

機械学習による地図作成
自動車やライドシェア、ゲーム業界、旅行などへの応用

円周率計算の世界記録を更新したシステムを解説

 GoogleのEmma Haruka Iwao(岩尾はるか)氏が、3月14日に、Google Cloudを使って円周率の世界記録を更新した。ちなみに、初日のSundar Pichai氏の基調講演では、冒頭でその話に触れ、祝福していた。

 Developers Keynoteでは、そのIwao氏が登場し、解説やデモを行なうコーナーがあった。円周率の世界記録を狙うには、高速なネットワークや大量のストレージが必要になる。GCPであればそうしたリソースが利用できるという。

 デモでは、プログラムを実行してからしばらく説明をし、そのあとで結果のファイルをcatコマンドで出力すると、数字が延々と表示され、喝采を浴びた。

Developer Keynoteで、Emma Haruka Iwao氏の円周率記録の話
円周率計算のデモを実行
結果のファイルを出力すると、数字が延々と表示された