ニュース

AWS総合支援サービス「クラスメソッドメンバーズ」、EC2やCloudFrontの利用コストを最適化する新プラン

AWS活用支援サービスの体系を整理

 クラスメソッド株式会社は27日、Amazon Web Services(AWS)総合支援サービス「クラスメソッドメンバーズ」において、Amazon EC2やAmazon CloudFront利用に特化したプラン「EC2・CDN割引プラン」を追加すると発表した。新プランは7月1日より提供開始する。
 「EC2・CDN割引プラン」は、東京リージョンにおける主要EC2インスタンス利用料の10%割引、CloudFrontアウトバウンド通信費の約55%割引など、個別サービスごとに割引率を設定して提供するもの。コンテンツ配信や基幹システムなど、大量のデータをクラウド上で管理している場合にコストを最適化できるという。

 また今回の新プラン追加に伴って、従来、クラスメソッドメンバーズで提供していた「請求代行プラン」の名称を、「一律5%割引プラン」へ変更する。サービス内容に変更はなく、そのまま利用できるとのこと。

 また、従来の「プレミアムプラン」は、「請求代行プラン」と「プレミアムプラン向けオプション」およびプラン特典の組み合わせで提供してきたが、今回は「プレミアムプラン向けオプション」およびプラン特典を、「プレミアムサービス」に呼称変更。「一律5%割引プラン」「EC2・CDN割引プラン」のそれぞれに追加適用できるように、プラン体系を整理している。

 こうして、契約のベースとなるAWS請求代行サービスの両プランと、追加で手厚いサポートを受けられるプレミアムサービスにサービス体系を整理することで、必要なサービスを選びやすくなったとのことだ。