ニュース

日本ヒューレット・パッカード、AMD EPYC搭載「HPE ProLiant DL385 Gen10サーバー」を発売

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は18日、AMDのサーバー向けCPU「EPYC 7000」シリーズを搭載するサーバー製品「HPE ProLiant DL385 Gen10サーバー」の販売を開始した。価格は74万4000円(税別)から。

 HPE ProLiant DL385 Gen10サーバーは、2Uのラックマウント可能な筐体に、最大32コア/64スレッドのAMD EPYCプロッセサーを2基搭載可能。メモリは8チャンネルのDDR4メモリ(最大4TB)を搭載し、最大128レーンのPCIe3をサポート。仮想マシン(VM)あたりのコストを従来製品よりも最大50%以上低減できるとしている。

HPE ProLiant DL385 Gen10サーバー

 また、HPE ProLiant DL385 Gen10サーバーは、最新のSPECrate2017_fp_base(257)およびSPECrate2017_fp_peak(270)で、2ソケットサーバーの世界記録を達成しており、CPUコア、メモリ、I/Oのバランスのとれたスペックにより、仮想化サーバーの用途にとどまらず、HPCやデータ分析など、メモリセントリックなワークロードにも最適なコストパフォーマンスを提供できるとしている。

 性能面に加えて、ファームウェアの改ざんを防止する「HPE Silicon Root of Trust」技術や、AMD EPYCプロセッサが有するセキュアなメモリの暗号化機能やセキュアな仮想化の暗号化機能と合わせて、より強固なセキュリティの実現に寄与するとしている。