ニュース

NTT東日本、中小企業向けセキュリティ監視・復旧支援サービス「おまかせサイバーみまもり」

 東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)は、中小企業向けのセキュリティインシデント監視・復旧支援サービス「おまかせサイバーみまもり」を6月29日に提供開始する。

 「おまかせサイバーみまもり」は、顧客のオフィス内に不正通信の検知・遮断機能を搭載した専用ボックスを設置することで、ネットワークセキュリティを強化。さらに、NTT東日本のセキュリティサポートデスクが、顧客のネットワーク環境における通信状況を監視し、不正通信を検知した場合など、有事の際にはウイルスの駆除や端末復旧をサポートする。

「おまかせサイバーみまもり」サービス提供イメージ

 専用ボックスでは、不正サイトへのアクセスブロック機能や、不正侵入対策、メールセキュリティ対策、URL指定によるアクセス制御、アプリケーション利用制限の各機能を提供。ウイルスの駆除や端末の復旧支援は、電話などによるサポートを行うが、対応が困難な状況においては訪問によるサポートも実施する。

 また、「ウイルス感染の疑いがある」「怪しいメールを開封してしまった」など、セキュリティに関する問い合わせにもNTT東日本のセキュリティサポートデスクが対応。不正通信の状況については、脅威の侵入や不正サイトへのアクセスをブロックした状況を見える化したレポートを、月1回顧客に提供する。

 料金プランは、推奨接続端末台数が50台の「Standardプラン」と、100台の「Professionalプラン」を用意。料金(税別)は、Standardプランが月額1万円、Professionalプランが月額1万7000円。オプションサービスとなる、24時間訪問修理オプションは月額2000円。
初期費用は、基本工事費が4500円(1工事あたり)、機器工事費が1万円(専用ボックス1台あたり)。最低利用期間は60カ月。