ニュース

米IBM、x86サーバー事業を23億ドルでLenovoに売却へ

 米IBMは23日(米国時間)、中国Lenovoにx86サーバー事業を売却することで合意したと発表した。金額は約23億ドル。このうち約20億ドルが現金で、残りがLenovo株式で支払われる。

 売却されるのは、System xだけでなく、ブレードサーバーのBladeCenterやFlex System(x86ベースのみ)とスイッチ、データセンター向け高密度サーバーのNeXtScale SystemやiDataPlexなども含まれる。

 関連する保守などのサービス事業もあわせて売却され、保守業務はLenovoが引き継ぐが、一定の期間、IBMがLenovoに変わって保守サービスを提供するため、保守サポートを受けるユーザーへの影響はほとんどないとしている。

 ラーレイ、上海、深川、台北などの主要拠点に在籍する従業員を含め、世界各国のおよそ7500人の従業員は、Lenovoへ移籍する見込み。

 なおLenovoとIBMは戦略的に協業していく計画で、ミッドレンジストレージのStorwize、テープストレージ、General Parallel File System(GPFS)ソフトウェア、SmarterCloud Entry、Systems DirectorとPlatform Symphonyを含むIBMのシステムソフトウェア製品群の一部が、OEM契約と再販契約の対象となる予定とのこと。

 またIBMでは、System z、Power Systems、PowerべースのFlex System、PureApplication、PureDataといった製品について、そのまま自社で保持するとリリースの中で言及している。

(石井 一志)