ニュース

富士通、牛の繁殖効率化と健康維持支援のクラウドサービス「牛歩SaaS」を海外に販売

「牛歩SaaS」の歩数計を装着した牛

 富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズは10月15日、牛の発情を検知し繁殖効率化につなげるクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド Akisai 牛歩SaaS(以下、牛歩SaaS)」を、海外に向けて展開すると発表した。

 「牛歩SaaS」は、これまで国内で4万頭の販売実績がある牛歩システムをSaaS化したもの。発情時に歩数の増加が見られる牛の行動特性を利用し、牛に装着した歩数計による検知から畜産農家に種付けを促し、高い授精率で繁殖させることを目的とする。

 具体的には、雌牛に歩数計を装着することで、歩数情報が1時間間隔で富士通のクラウド上に集積・分析される。農家は、インターネット経由で1時間単位の牛の行動量をグラフで確認できるほか、発情兆候が見られたときには予め登録した携帯電話などに自動連絡メールを送信。これにより、発情兆候を見逃さず、種付けを行うことが可能になるという。

 2012年より提供開始した「牛歩SaaS」は、現在、北海道(1カ所)、熊本(1カ所)、宮崎(繁殖センター2カ所)、鹿児島(4カ所)、沖縄(6カ所)でに提供。受胎にいたるまでの平均授精回数1.58回(通常2〜2.5回)という高い受精率を達成した牧場も出ている。韓国では、実証実験を経て2013年3月より先行して商用化を開始し、現在3牧場にて利用されているという。

 国内販売価格は、受信機66万円、ダイポールアンテナ2万5000円 、歩数計3万5000円(牧場側で装着実施、取付用具別途)、取付工事費用は個別見積となる。このほか、サービス利用料が1歩数計あたり月額1000円かかる。運用支援や導入支援が必要な場合は別途個別見積りとなる(価格はいずれも税別)。

 富士通と富士通九州システムズは今年度中に欧州・オーストラリアにおいて実証実験を開始。今後は広く世界市場で「牛歩SaaS」を展開し、3年間で国内10万頭、海外40万頭の計50万頭への導入を目指す。

「牛歩SaaS」サービス概要