ニュース

GRCS、MSS事業者での利用を想定したマルチテナント対応インシデント管理ツール「CSIRT MT.mss」

 株式会社GRCSは16日、マルチテナント対応のクラウド型インシデント管理ツール「CSIRT MT.mss」を開発し、マネージドセキュリティサービス(MSS)事業者、および社内SOC(Security Operation Center)などに向けて提供開始すると発表した。価格は個別見積もり。

 CSIRT MT.mssは、CSIRT運用に特化したインシデント管理ツール「CSIRT MT」を。マルチテナント対応できるように機能拡張したもの。CSIRT MTが単一の企業、またはグループ内でセキュリティ運用を行っている企業を対象とするのに対して、CSIRT MT.mssは、同一のユーザーで複数の顧客のセキュリティ運用を行っているMSS/SOC事業者などを対象としており、チケットの起票や情報の可視化、分析を自在に行えるという。

 このうちチケットの起票については、メールから自動でインシデントチケットを作成し、テナント(顧客)ごとに自動振り分けする機能を搭載。メールの内容をチケット内の項目に埋め込めるため、入力工数を大幅に削減するほか、タスクの抜け漏れを防止するチェックリスト、期日管理などを自由にカスタマイズできるとした。

 また、複数の組織におけるインシデント/タスクの管理や、事業者側と顧客間などの円滑なコミュニケーションを1つのプラットフォームで実現できるため、SOC運用の自動化・高度化を可能にするとのこと。

 具体的には、テナントごとに連絡先をあらかじめ登録することで、誤送信を防止する機能を搭載するほか、インシデントチケットにひも付くメールスレッド管理により、情報を一元化可能。また、インシデントチケットの公開・非公開の設定により、要点を絞ったコミュニケーションを行えるとしている。