ニュース

グレープシティ、業務アプリ開発用コンポーネント「ComponentOne Studio」「Wijmo」新バージョン

 グレープシティ株式会社は、業務アプリケーション開発向けの.NET/Xamarin用コンポーネントを収録したスイート製品「ComponentOne Studio(以下、C1Studio)」と、業務ウェブアプリケーション開発用JavaScript UIライブラリ「Wijmo」の2製品について、新バージョン「2017J v3」を12月13日にリリースする。

 C1StudioとWijmoは、業務アプリケーション開発に必要とされるグリッド、チャート、入力支援機能といったUIコンポーネントが1セットになったソリューション。C1Studioは、Windows Forms、WPF、UWP、ASP.NET Web Forms、ASP.NET MVC、Xamarinといったテクノロジーをサポートし、デスクトップからウェブ、モバイルアプリまで、多様な開発に対応する。

 Wijmoは、昨今増加傾向にあるJavaScriptでの業務アプリケーション開発をサポートするJavaScriptUI ライブラリで、AngularやReactといったフレームワークにも連携対応し、高速/軽量で保守性の高いアプリケーションを実現する。

 新バージョンでは、両製品とも新コントロールの追加や機能強化を実施。C1StudioのWinForms/WPF/UWPエディションには、グリッドコントロールと連携することで、エンドユーザーによる任意の集計機能の実装が容易となる「ExpressionEditor」コントロールを新たに追加。ASP.NET MVCエディションには、データの階層構造と大きさを入れ子の長方形で表す「TreeMap」コントロールを追加した。

 Wijmoでは、Visual Studio CodeのHTMLエディタで、Angularコンポーネントのタグや属性をインテリセンスで入力補完が可能となったほか、すべてのコントロールがReactに対応した。

 C1StudioとWijmoは、年単位のサブスクリプション方式での販売となる。初年度の価格(税別)は、C1Studioの最上位エディション(Enterprise)の1ユーザーライセンスが16万2000円、Wijmoの最上位エディション(Enterprise)の1ユーザーライセンスが12万9600円。