ニュース

NTTデータの基幹系共同センター「STELLA CUBE」、きらやか銀行へサービス提供開始

 株式会社NTTデータは、株式会社きらやか銀行に、地方銀行・第二地方銀行向け基幹系共同センター「STELLA CUBE」のサービス提供を6日より開始したと発表した。同センターの利用はきらやか銀行で8行目となる。

 「STELLA CUBE」は、NTTデータのバンキングアプリケーション「BeSTAR(ベスタ)」を使用した、地方銀行・第二地方銀行向け共同利用型センター。きらやか銀行は2012年10月、株式会社仙台銀行との経営統合を実施し、「じもとホールディングス」を設立している。NTTデータは、STELLA CUBEのサービスを通じて、競争優位性を発揮できる機能を提供し、両行のさらなる成長に貢献するとした。

 また、決済サービスの高度化や大規模な制度変更への対応など、先進機能を継続的に追加するとともに、勘定系システム業務を中心とした現在の提供業務の枠にとらわれず、インターネットバンキングの機能拡張や経営管理、収益拡大に寄与するソリューションなど、共同化システム範囲の拡充を目指すとのことだ。

 なお、STELLA CUBE参加銀行および利用開始は以下の通り。

・株式会社東京都民銀行:2011年10月(サービス提供中)
・株式会社但馬銀行:2012年5月(サービス提供中)
・株式会社富山銀行:2012年5月(サービス提供中)
・株式会社長野銀行:2012年5月(サービス提供中)
・株式会社神奈川銀行:2012年7月(サービス提供中)
・株式会社東北銀行:2012年7月(サービス提供中)
・株式会社仙台銀行:2013年5月(サービス提供中)
・株式会社きらやか銀行:このたびサービス開始

石井 一志