ニュース

ウイングアーク、帳票クラウドとServiceNowを連携させた「SVF Cloud for ServiceNow」を提供

 ウイングアーク1st株式会社は、自社の帳票クラウド「SVF Cloud」とServiceNow Japanが提供するデジタルワークフロー「ServiceNow」を連携させ、「SVF Cloud for ServiceNow」として11月29日より提供開始すると発表した。価格は月額30万円(税別)から

 SVF Cloudは、ウイングアーク1stの帳票基盤ソリューションの機能をクラウド上で利用できるサービス。日本固有の細密な帳票をさまざまなクラウドサービスと連携させることにより、利便性の高い円滑な帳票環境を提供しているという。

 一方のServiceNowは、ITサービス管理を中心としたSaaS型のデジタルワークフロープラットフォーム。多様な業務フローをデジタル化して提供でき、帳票との親和性も高いとのこと。

 今回はこの両者を連携させ、「SVF Cloud for ServiceNow」として提供する。このソリューションにより、インテリジェントで直感的なデジタルワークフローに加え、業務帳票の出力までを一気に自動化できるという。

 また帳票フォームのデザインもノンプログラミングで行えるため、都度、外部にレイアウト設計を委託することなく、環境に合わせたスピード作成を実現するとしている。