ニュース

TIS、PepperとWatsonの開発者支援プログラムに参加、AIビジネスを積極化

 TIS株式会社は19日、ロボットおよびAI技術開発の一環として、「Pepperパートナープログラム」における「ロボアプリパートナー」、また「IBM Watsonエコシステムプログラム」において「テクノロジーパートナー」に選定されたことを発表した。

 「Pepperパートナープログラム」は、ソフトバンクロボティクス株式会社が提供する人型ロボット「Pepper」のアプリ開発者向け支援プログラム。そのプランの1つである「ロボアプリパートナー」にTISが選定された。

 一方、IBMが「コグニティブ(認知)」と呼称する言語処理・音声認識技術「Watson」にも開発者支援プログラムが用意されており、TISはこのうち「テクノロジーパートナー」に選定された。

 TISでは、Pepperを活用した接客アプリなどをすでに開発している。今後は金融業や製造業などを対象に、AI関連技術のビジネス提案を進めるとしている。

(森田 秀一)