ニュース

PaaSソフトウェア「Pivotal Cloud Foundry」をヤフーが採用

 Pivotalジャパン株式会社は25日、ヤフー株式会社がPivotalのPaaSソフトウェア「Pivotal Cloud Foundry」を採用し、オープンソースベースのプライベートクラウドプラットフォームを構築するとともに、新機能の開発なども視野に入れた両社の共同プロジェクトを展開していくと発表した。

 「Pivotal Cloud Foundry」は、オープンソースのPaaSソフトウェア「Cloud Foundry」のエンタープライズ向け商用版で、VMware、OpenStack、Amazon Web Services(AWS)などのクラウド環境で稼働させることが可能。すでに世界100社以上が導入しており、ヤフーではPivotal Cloud Foundryの導入により、Yahoo! JAPANの大規模なシステムのさらなる開発生産性の向上に大きく寄与するとともに、新たな顧客体験とサービス品質の向上を図りながら、より迅速なサービス提供を実現していくとしている。

 また、Pivotalジャパンとヤフーでは、「Cloud Foundry」への共同開発プロジェクトを推進し、コミュニティへの貢献を図っていく予定と説明。ヤフーの技術力や経験と開発力によって、より一層、製品の機能充実と利用ユーザーへの貢献を行っていくとしている。

(三柳 英樹)