週刊データセンターWatch:

QTnetと九州産業大学、ローカル5Gネットワーク分野で共同研究

 株式会社QTnetと九州産業大学は、ローカル5Gネットワークに関する共同研究を開始した。2021年12月をメドに、九州産業大学のキャンパス内にローカル5Gネットワークを構築。電波伝搬特性や通信品質の検証を行う。

 5Gは携帯電話の新規格として知られ、ゆくゆくは全国で通信サービスが展開される見通し。これに対してローカル5Gは、限られたエリア内で免許を受け、特定の周波数帯を用いて5G規格の通信を行う。電波干渉、ネットワークの閉域性などの特徴があることから、自動運転、先進医療、工場のスマート化などに寄与することが期待されている。

実験概要

 共同研究では、QTnet側がネットワーク設備を提供。Sub6帯の周波数を利用し、コアネットワークと基地局どちらも5G対応したスタンドアローン方式でネットワークを構築する。

 九州産業大学側は、学内課題の解決などにローカル5Gネットワークを活かす。また文・理・芸を融合させた総合大学という特色を踏まえ、スポーツや芸術分野においてもローカル5Gの利用展開を図りたいとしている。

データセンター資料請求・見積依頼サービス

 インプレスでは、データセンターサービスの資料請求・見積依頼を行えるサービスを提供しています。ぜひこちらもご活用ください。

データセンターサービスの一括資料請求

データセンターサービスの一括見積依頼