ニュース

鈴与シンワート、ビジネスチャットを利用した電子印鑑サービス「Biz-Oin」

 鈴与シンワート株式会社は17日、印鑑Bot「Biz-Oin(ビズ オーイン)」を発表した。ビジネスチャットと印鑑BotのAPI連携により、在宅勤務中でも押印が可能になるという。

 「Biz-Oin」は、リモート勤務で承認フローを実現するための電子印鑑サービス。チャット上で書類の申請から承認まで対応できるため、バックオフィス業務の担当者は、社内承認の押印処理業務のために出社する必要がなくるという。またオンラインですべて完結できることから、ペーパーレスも実現できるとした。

 具体的には、チャット上に申請書類をドラッグ&ドロップして申請すると、申請者の印鑑が押された書類PDFが返信される仕組み。承認時についても、承認者がチャットで承認と送ることで、承認者の印鑑が押された書類PDFが返信される。また、承認フローをチャット上で確認でき、その申請が申請フローのどの段階にあるのかも把握できるとのことだ。

 なお通信やデータベースは暗号化され、セキュリティを確保。オンライン承認フローの履歴はすべて保存され、ログを管理することも可能となっている。

 ラインアップは利用規模などに応じた3種類を用意しており、Lightプランが初期費用3万円(税別)、月額費用100円(税別)/ユーザー。30ユーザー以上で利用でき、契約期間は6カ月ごとになる。

 ビジネスチャットについては、鈴与シンワートの「TAGS」との連携に対応。それ以外のチャットサービスとの連携が必要な場合は個別で支援するとしている。