ニュース

インターコム、IaaS環境での運用にも対応したFAXサーバーソフト「まいと〜く Center Hybrid」

 株式会社インターコムは9日、従来のオンプレミス環境に加えてIaaS環境にも対応したハイブリッドFAXサーバーソフト「まいと〜く Center Hybrid」を発表した。3月25日に販売を開始する。

 「まいと〜く Center Hybrid」は、FAX送受信をペーパーレス化・電子化し、業務効率化とコスト削減を実現する、最大8回線対応のFAXサーバーソフト。ERPやOCRなどの業務ソフトと連携するための機能を標準搭載し、業務ソフトが出力した帳票を指定された宛先にFAX送信したり、取引先からFAX受信した帳票を業務ソフトへ電子ファイルで渡すといった、業務ソフトと連携したFAX送受信システムを構築できる。

 新製品では、従来のオンプレミスでのシステム構築に加えて、IaaS上でのシステム構築に対応。IaaS上でFAXサーバーを運用し、各拠点にはFAXサーバーと接続する通信ハードウェア(FAXモデム)だけを設置することで、拠点ごとの電話番号をそのまま使用でき、一拠点集中のFAX送受信に比べて通信コストを削減できる。

システム構成イメージ

 また、インターコムの中規模向けFAXサーバーソフトでは初めて、クライアント機能のウェブクライアントを採用。個々のPCにソフトをインストールする手間を省けるなど、管理者およびユーザーの導入負担を軽減できる。

 製品の価格は、ソフトウェアとハードウェア、保守サポートサービスを含めた基本パックの「まいと〜く Center Hybrid/SDU2回線版 1年保守付きパック」が63万5000円(税別)など。

(三柳 英樹)