ニュース

日立ソリューションズ、住宅設備・資材卸向け販売管理機能をクラウドサービスで提供

 株式会社日立ソリューションズは29日、住宅設備・資材卸業の中堅企業に向けた販売管理機能を持つクラウドサービス「FutureStage SaaS型 住宅設備・資材卸向け販売管理ソリューション」の提供を開始した。

 サービスは、住宅設備・資材卸業の商習慣に対応した機能を提供。日立ソリューションズが業界大手に導入してきた実績をもとに、サイズ、型番、メーカーといった業界特有の商品情報の管理、マスタ管理されていない商品の受発注、単価未決定の状態での入出荷、業務上注意が必要な取引の自動チェック機能、貸し倒れや回収遅延による損失リスクの防止機能など、業務適合度の高い機能を提供する。

 利用機能の追加やユーザー数の変化にも柔軟に対応。サービスが標準で提供する業務機能から、必要な機能に限定して利用することができ、利用する機能は後から追加が可能。ユーザー数も業務の繁忙期や閑散期などに合わせて随時増減できる。さらに、セキュリティ対策やシステムバックアップなどの運用サービスにより、セキュアな環境で利用できる。

 基本サービスの価格(税別)は、10ユーザーで月額8万円から。日立ソリューションズでは2020年度末までに、FutureStage事業全体で累計200億円の受注を目指す。

(三柳 英樹)