ニュース

東芝情報システム、重要・機密情報ファイルを自動で見つけ出して暗号化するソリューション

デジタルアーツの「FinalCode」とMSSの「すみずみ君」を連携

 デジタルアーツ株式会社、三菱スペース・ソフトウエア株式会社(MSS)、東芝情報システム株式会社は21日、情報漏えい対策ソリューション「Secure Protection」を共同で製品化したと発表した。東芝情報システムが販売を担当する。

 「Secure Protection」は、重要・機密情報ファイルを自動で見つけ出して暗号化するソリューション。三菱スペース・ソフトウエアの個人情報ファイル検出ツール「すみずみ君」でファイルを検索するとともに、ファイルを追跡して“あとから消す”仕組みを実装するデジタルアーツのファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を利用して、「探す・守る・追跡する・あとから消す」をシームレスに実現するという。

 具体的には、あらかじめ指定したルールで社員のPCを定期的に探索し、重要・機密情報ファイルを発見すると、閲覧者や閲覧期間、回数の制限や印刷の可否などを設定して、ファイルを自動的に暗号化する仕組み。暗号化されたファイルは、リアルタイムで当該ファイルへのアクセス・操作ログを確認できるほか、万一ファイルが流出した場合でも“あとから消す”ことが可能なため、ファイルの中の情報が漏えいすることを防げる。

 なお、探索・暗号化されたファイルの閲覧制限は管理サーバー上で一元管理されており、制限の変更にも対応するとのこと。また社員それぞれのPC内にどのようなファイルが保持されているか、といった現状を把握する上でも役立つとした。

 ラインアップには、重要・機密情報ファイルの定期的な探索と暗号化を提供する「スタンダード」と、暗号化後の追跡や“あとから消す”仕組みまでを利用できる「アドバンス」の2つを用意する。PC1台あたりの価格は、「スタンダード」の場合で年間6500円(100台同時導入時)。

(石井 一志)