ニュース

D-Link、PoE給電対応の8ポートGbEスイッチ2製品

 ディーリンクジャパン株式会社(D-Link)は24日、アンマネージドのGigabit Ethernet(GbE)スイッチ「DGS-1000シリーズ」において、PoE給電に対応した8ポートモデル2製品を新たに提供すると発表した。これらの製品を利用すれば、電源コンセントがない環境でも、PoE受電対応の無線LANアクセスポイントやWebカメラ、IP電話機などへの電源供給を行えるので、工事コストを削減できるとのこと。

 今回提供されるのは、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×8ポートのGbEスイッチ「DGS-1008P/JC」と「DGS-1008MP」。このうちDGS-1008P/JCは、8ポート、4ポートがPoE給電に対応しており、1ポートあたり最大30W、スイッチ全体では最大68Wまでの給電を行える。ファンレスのコンパクトなボックス型スイッチで、標準添付される壁設置キットやゴム足などを使えば、さまざまな環境に設置できるとした。

 一方のDGS-1008MPは全ポートがPoE給電に対応しており、1ポートあたり最大30W、スイッチ全体で最大140Wまでの給電を行える。こちらもファンレスのボックス型で、標準添付のラックマウントキットを利用すれば、19インチラックへの設置にも対応する。

 価格(税別)は、DGS-1008P/JCが2万9800円、DGS-1008MPが3万9800円。

DGS-1008P/JC(左)とDGS-1008MP(右)

(石井 一志)