ニュース

NRI、IT運用管理ソリューションの最新版「Senju Family 2016」発売、クラウド版も

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、エンタープライズ向けIT運用管理ソリューションの最新版「Senju Family 2016」を4月1日より販売する。 Senju Familyシリーズのクラウド版にあたる「mPLAT」では同日より新サービスを追加する。

「Senju Family 2016」でのDevOps機能導入イメージ

 Senju Familyは、システム運用ツールの「Senju/DC」(従来Senju/OCから改称)、複数のシステムを統合的に管理するための「Senju/EN」、サービスデスク対応用の「Senju/SM」など複数の製品から構成される。

 最新バージョンの「2016」では、新たに「DevOps」の概念が取り入れられた。職責区分上、それぞれ分離して扱われることの多い開発部門と運用部門だが、近年はシステムの複雑化などを背景に、協調して業務を行う場面が増えている。

 DevOpsへの新規対応により、運用中のシステムを開発部門が権限の範囲で参照できるようになる。例えば、障害発生時に開発部門が運用部門に対して個別に問い合わせるといった手間が軽減されるという。

 Senju Familyの機能をクラウドとして提供する「mPLAT」では4月1日より新機能を追加する。ITサービスマネジメントの監視/分析を行う「mPLAT/IWC」、イベント発生を自動通知する「mPLAT/AEC」、状況を可視化するダッシュボードサービス「mPLAT/MDV」の3つで、運用の自動化・効率化を実現するとしている。

「Senju Family 2016」の製品構成

(森田 秀一)