ニュース

UEIとさくらインターネットが提携、ディープラーニングクラウドASP事業を開始

 株式会社UEIとさくらインターネット株式会社は17日、業務提携し、ディープラーニング時代に即したASP事業を開始すると発表した。

 UEIでは、1年前よりディープラーニングの独自研究を重ね、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(以下、ソニーCSL)との共同開発によって、オープンソースソフトウェア「DEEPstation」を2015年末に発表している。

 今回、このDEEPstationを用い、さくらインターネットの高火力コンピューティングプラットフォームを利用したASPサービスを4月より開始することになった。

 さくらインターネットの代表取締役社長、田中邦裕氏は、「当社の高火力コンピューティングは、大規模な資本投下なしでも中小企業や大企業の一部のセクションが、必要に応じていつでも高度な深層学習を手軽に扱うことを可能にする。このサービスを通じて、各分野でより一層の深層学習の研究や活用が進むだろう」と、プレスリリースの中でコメントしている。

(石井 一志)