ニュース

ソフトバンクロボティクスとMicrosoftが協業、「Pepper」と「Azure」を活用した次世代型店舗ソリューションを開発

 ソフトバンクロボティクス株式会社と米Microsoftは8日、クラウドロボティクス分野における戦略的協業を発表した。

 協業の第一弾としては、人型ロボット「Pepper」とクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用した次世代のクラウド対応ロボットを実現する。Microsoftの大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」と2in1デバイス「Surface」を使い、クラウド対応ロボットが来訪客のニーズに応じた接客をする小売業界向け次世代型店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を共同で構築する。

 共同開発するソリューションでは、店頭におけるPepperやSurface Hub、Surfaceなどの“モノ”を、クラウドプラットフォームであるMicrosoft Azureに接続するとともに、店頭での顧客行動やPOS売上などの膨大なデータを取得。スマートフォンやEコマースなどのオンラインにおける同様のデータと統合した上で、Microsoft Azure上の「Azure IoT Suite」で解析する。

 解析情報をもとに、オムニチャネルで顧客のニーズをリアルタイムで把握し、そのニーズに沿った商品をSurface HubやSurface上で表示したり、Pepperが提案したりすることを可能とする。また、店舗での接客を重ねることで、Azure IoT Suiteの機械学習機能を通して、よりプロアクティブかつ適切な「おもてなし」を実現する。

 両社では、ソリューションによって、販売店はPepperをあらかじめ接客スキルを備えた接客要員として店舗へ配置可能になり、店頭からのリアルタイムフィードバックによる効率的な在庫管理が可能になると説明。来訪客は店頭でSurface HubやSurfaceを利用して視覚的かつ分かりやすく選択し、Pepperの提案により自分好みの商品をより簡単に購入できるとしている。

 また、今後Microsoft Translatorによる多言語対応の導入や、PepperとMicrosoft Azure上で提供される顔や音声の認識技術や、マイクロソフトのパーソナルアシスタントであるCortanaを組み合わせて活用することで、よりきめの細かい接客の実現も検討する。

 ソリューションは、日本マイクロソフト株式会社と連携しながら、2016年秋をめどに日本市場での提供を開始する。また、今秋の販売に先立ち、3月24日〜30日の期間限定でオープンする、ロボットだけで接客する携帯電話ショップ「Pepperだらけの携帯ショップ」(東京都港区)で、ソリューションの実証実験を行う。

(三柳 英樹)