ニュース

ウルシステムズ、Javaプログラムのメモリ使用量を削減するミドルウェア「ULFIRE Memory Optimizer」

 ウルシステムズ株式会社は25日、英C24 Technologiesと提携し、Javaプログラムの実行に必要なメモリ使用量を削減するミドルウェア「ULFIRE Memory Optimizer」の提供を開始した。

 ULFIRE Memory Optimizerは、Javaオブジェクトを自動的に圧縮し、メモリ上に展開するデータのサイズを最大で500分の1まで縮小。IoT、FinTech、機械学習といった取り組みの一環として、インメモリ技術の導入を検討する企業に向け、必要な実メモリ容量を減らすことにより、インメモリでの処理スピードを維持しつつ、ハードウェアやソフトウェアライセンスの費用を大幅に抑えられるとしている。

 英C24 Technologiesのデータ圧縮技術「PREON」のOEM供給を受け、ウルシステムズはULFIRE Memory Optimizerをベースとして、概念検証(Proof of Concept)の実施や、ULFIRE Memory Optimizerの導入とパフォーマンスチューニング、大規模超高速処理システムの設計・開発の支援、ソフトウェアライセンス、保守サービスの提供を行う。

 ソフトウェアの価格は、エントリーシステムが520万円から。ウルシステムズでは、今後3年間で30社以上への導入を目指す。

(三柳 英樹)