ニュース

「Oracle ERP Cloud」、パートナー企業9社が導入ソリューションなどを提供

 日本オラクル株式会社は9日、企業の基幹業務向けクラウドサービス「Oracle Enterprise Resource Planning Cloud(以下、Oracle ERP Cloud)」の導入・拡張を支援する13種類のソリューションをパートナー企業9社が提供開始し、「Oracle ERP Cloud」を本格展開していくと発表した。

 提供する13種類のソリューションは、「Oracle ERP Cloud」の導入を検討している企業向けに、短期間で費用を抑えた導入を支援するサービスや、導入前のアセスメントサービス、クラウド型会計・財務情報の評価・分析支援ツールの短期導入、東南アジア10カ国からなるASEAN地域への進出支援テンプレート、製品企画を支援するクラウドの導入支援サービスなど。

 パートナー企業各社が提供するソリューションは以下の通り。

導入サービス

  • イデア・コンサルティング株式会社「iDEA Cloud Service 経理業務支援Pack」
  • インフォシスリミテッド「Oracle ERP Cloud固定価格ソリューション」
  • 株式会社NS・コンピュータサービス「Financials Cloud(ASEANローカライズ対応)導入サービス」「Oracle ERP-Oracle Cloud連携ソリューション導入サービス」
  • 新日鉄住金ソリューションズ株式会社「オンプレミス−クラウド ハイブリッド型/Oracle E-Business Suite システム再構築ソリューション」
  • TIS株式会社「ERP Cloud活用(ハイブリッドERP構築)支援」「Financials Cloud導入アセスメントサービス」「Reporting Cloud導入アセスメントサービス」
  • 株式会社中本・アンド・アソシエイツ「デジタルスピード経営Essential」「アナリティクス経営Essential」
  • 日本アイ・ビー・エム株式会社「イノベーション管理プラットフォーム構築ソリューション」

コンサルティングサービス

  • 株式会社 R.D.Works「Oracle ERP Cloud」導入前アセスメント

機能拡張サービス

  • SCSK株式会社「Oracle ERP Cloud Extension サービス 超高速開発・実行基盤 FastAPP」

 日本オラクルでは、「POCO(The Power of Cloud by Oracle)」をキーワードとして、市場に向けてオラクルのクラウド導入による顧客が享受する価値の浸透を図っていくと説明。「Oracle ERP/SCM Cloud」は、基幹業務やグローバルサプライチェーンにおけるさまざまな要求に対応するクラウドアプリケーションとして、簡単かつ迅速に導入することができ、ユーザーにも直観的で分かりやすく効果的に活用できるよう取り組んでいくとしている。

(三柳 英樹)