ニュース

音声認識「AmiVoice」とテキストマイニング「見える化エンジン」、導入検討企業向けトライアルパックを提供

 株式会社アドバンスト・メディアは8日、同社の音声認識技術「AmiVoice」と、株式会社プラスアルファ・コンサルティングのテキストマイニングシステム「見える化エンジン」の連携強化施策の一環として、音声認識とテキストマイニング連携を検討する企業向けにトライアルパックの提供を開始した。

 アドバンスト・メディアでは、近年ではコンタクトセンターの運用効率化やコンプライアンスの観点から、音声データをログデータとして蓄積する企業も増えており、音声認識および音声認識でテキスト化されたデータのテキストマイニング分析のニーズが高まっていると説明。一方で、現場では具体的な連携イメージや認識精度、分析アウトプットに不安を感じている担当者も少なくないとして、こうした企業に向けて音声認識とテキストマイニングの両サービスを試用できるトライアルパックを提供する。

 トライアルパックでは「AmiVoice」について、リアルタイムテキスト化機能環境や、オペレーター向け、スーパーバイザー向けの各種機能、操作トレーニング、顧客の単語/トークスクリプト登録支援などを提供。顧客特有の単語のみ登録した上で利用環境を構築し、アプリケーションの使用感や機能、実際の認識精度など、導入による効果を実業務で確認できる。

 テキストマイニングの「見える化エンジン」については、分析環境の提供や音声認識データのデータ加工/自動要約/各種辞書設定、分析コンサルタントによる操作トレーニングや分析サマリーページの作成、報告会の開催を実施。音声認識でテキスト化されたデータの、データ加工や自動要約、テキストマイニング分析を試験的に利用できる。

 トライアルパックの提供開始に伴い、「見える化エンジン」では「AmiVoice」でテキスト化された音声認識データをデータ加工などのクレンジング処理を施し、自動要約、テキストマイニング分析を実現する一連機能を実装、強化。合わせて、「見える化API」を利用したリアルタイム自動要約機能も提供を開始する。

(三柳 英樹)