ニュース

2016年の国内IT市場規模は14兆7653億円、今後は第3のプラットフォーム市場が拡大〜IDC Japan調査

 IDC Japan株式会社は8日、2015年第3四半期(7月〜9月)の実績および最新の景気動向などに基づく、2014年〜2019年の国内製品別IT市場予測を発表した。

 2016年の国内IT市場規模については、前年比1.4%増の14兆7653億円と予測。内訳は、ハードウェア市場が6兆3998億円(前年比0.5%減)、ITサービス市場が5兆4743億円(同2.0%増)、パッケージソフトウェア市場が2兆8912億円(同4.6%増)。また、IT市場に通信サービス市場を加えた国内ICT市場の2016年の市場規模は、前年比0.4%増の25兆4640億円と予測している。

国内製品別IT市場実績と予測:2014年〜2019年(出展:IDC Japan)

 2016年の国内IT市場については、サーバー市場がマイナス成長に転ずるものの、PCのマイナス成長は小幅となり、スマートフォン市場、ソフトウェア市場、ITサービス市場などの成長が堅調であるため、1.4%のプラス成長になると分析している。

 国内IT市場の2014年〜2019年の年間平均成長率は1.1%、国内ICT市場の年間平均成長率はマイナス0.1%。2019年の国内IT市場規模は15兆4648億円、国内ICT市場規模は25兆5375億円と予測している。

 第3のプラットフォーム市場(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)における、2016年の成長率は7.0%と予測。日本のITユーザー企業に対して行った調査では、規模の小さい企業ではこれらの試験的導入が増加しつつあり、規模の大きな企業では一部署での試験的導入を経て、今後は複数部署および全社的な導入を予定している企業の割合が高いという。

 IDC Japan ITスペンディング グループマネージャーの廣瀬弥生氏は、「ユーザー企業は、今後大企業を中心に全社的に第3のプラットフォームを活用するために必要な施策を検討し、ITベンダーは、その促進のために経営陣へのサポートを実施するべきである」と分析している。

(三柳 英樹)