ニュース

ITサービスやクラウドを統合管理するマネージドサービス「HPE Helion Managed Cloud Broker」

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は29日、クラウド管理サービス「HPE Helion Managed Cloud Broker」を発表した。利用料型モデルに基づくマネージドサービスとして提供され、2016年に提供開始される予定。

 「HPE Helion Managed Cloud Broker」は、企業が複数のクラウドのワークロードとプロバイダに対する、調達、アクセス、統合、および確実なサービスの管理を可能にする新しいマネージドサービス。従来のITからプライベートおよびパブリッククラウドまで、企業のIT資産に対するコントロールとタイムリーな可視性をIT管理者に提供できるという。

 具体的には、サービスプロバイダと直接接続可能なインターフェイスを備えた、統合セルフサービスポータル、セキュリティとパフォーマンスの管理、財務管理と予算管理、コンプライアンス管理と監査機能などを搭載。また、カタログとサブスクリプション(ユーザー契約)の管理や、サブスクリプションのライフサイクル管理にも対応する。日本ヒューレット・パッカードでは、これらの機能によって、ユーザー企業のハイブリッドインフラへの移行を支援するとした。

 クラウドサービスは、「HPE Helion Managed Virtual Private Cloud」「HPE Helion CloudSystem」「HPE Helion OpenStack」を含む「HPE Helion」ポートフォリオのすべての製品やサービスに加え、VMwareのような従来型データセンターサービス、Microsoft AzureやAmazon Web Services(AWS)をはじめとする一連のパブリッククラウドプロバイダに対応できるとのこと。

(石井 一志)