ニュース

パソナと日本マイクロソフト、BI人材育成で協業

 株式会社パソナと日本マイクロソフト株式会社は28日、企業のデータ分析や可視化に携わる「BI(ビジネスインテリジェンス)人材」の育成において協業すると発表した。

 両社は、クラウド型データ分析ツール「Microsoft Power BI」に習熟したトレーナー人材を育成するために、パソナに登録するエキスパートスタッフ(派遣登録社員)を対象として、「Power BIトレーニングカリキュラム」を年12回程度開催。年間300名のトレーナーを育成する。

 また、「Power BI」のトレーナーが、さらなるBI人材を育成するための場として、会員制スキルアップコミュニティサイト「POWER BI FORUM」を開設。「Power BI」の実技講座を受講したトレーナーが会員の質疑応答に対応するコミュニティ機能のほか、「Power BI」のスキルチェック機能、データ活用に関する最新情報を提供する。これにより、パソナのエキスパートスタッフのスキルアップやBI人材の育成に繋げ、派遣先企業におけるデータ活用を促進していくとしている。

(三柳 英樹)