ニュース

さくらインターネット、日本国内向けCDN「コンテンツ配信サービス」提供開始

 さくらインターネット株式会社は28日、新たに日本国内向けのCDNサービス「コンテンツ配信サービス」の提供を開始した。

 「コンテンツ配信サービス」は、ウェブコンテンツを日本国内向けに高速かつ安定的に配信するサービス。ウェブサイトだけでなく、オンラインゲームや大容量アプリケーション、動画、広告、画像の配信などの大量のアクセスやトラフィックが集中するコンテンツの配信に適する。

「コンテンツ配信サービス」の概要

 サービスは、さくらインターネットのバックボーンネットワークに直結したコンテンツ配信システムを利用。大容量回線とサーバーの負荷分散により、突発的なアクセス集中によるウェブサイトの表示速度の低下やサーバーダウンを防ぐことができる。

 さくらインターネットで用意したストレージにファイルをアップロードするだけで配信が可能となり、顧客側でサーバーを用意するなど新規の設備投資が不要。使用した分に応じた従量課金の料金体系で利用できる。

 配信拠点は東京大手町のさくらインターネットのデータセンター。配信可能なコンテンツは、HTML、JPEG、PNG、MOV、WMVなどの静的コンテンツ。対応プロトコルはHTTPおよびHTTPS。ストレージ容量は1GB〜数百TB。アップロード方法はFTP、SCP、rsyncなど。利用者の独自ドメインおよび、SSLサーバー証明書も利用可能。

 機能面では、コンテンツに一定時間のみアクセス可能なURLを発行する「ワンタイムURL機能」、ダウンロード速度制御機能、特定のリクエストがあった場合に指定したヘッダを付与する「ダウンロードヘッダ付与機能」、APIとコントロールパネルのどちらからでもキャッシュを削除できる「キャッシュパージ機能」、ストリーミング再生などでファイルを途中からダウンロードできる「Range Request」などに対応する。

 料金は、データ転送量1GB当たりの従量課金とストレージ使用量1GB当たりの従量課金。

(三柳 英樹)