ニュース

TIS、産業機械の稼働データを分析するIoTソリューション「メンテりてぃくす」

 TIS株式会社は、産業機械から取得した稼動データを分析することで故障要因などを導き出すIoTソリューション「メンテりてぃくす」の提供を開始した。

 「メンテりてぃくす」は、クオリカ株式会社の遠隔監視・予防保全システム「CareQube」などで、産業機械から収集・蓄積した稼動データを、SAPのBIツール「SAP BusinessObjects BIソリューション」とデータマイニングツール「SAP Predictive Analytics」で分析・解析を行う。

 産業機械の稼動データを解析することで、「蓄積データから業務に影響を与える要因を特定する故障発生パターン導出」「生産品の不良原因分析」などの稼働データの予測分析を可能にする。これにより、産業機械などの故障要因や製造ラインで生産される製品の不良原因などの予測や特定ができ、生産設備の歩留率の向上やメンテナンス工数の削減といった業務改善が実現できるとしている。

 提供価格(税別)は、オンプレミス型提供が2000万円(税別)から、SaaS型提供が月額100万円(税別)から。導入効果測定サービス(1カ月〜)、導入コンサルティングおよび導入作業は個別見積もり。

 TISでは、稼動データの「見える化」やデータをもとにした業務改善を行いたいというニーズを持つ組立製造業や生産設備メーカー、化学製造業、特殊車両メーカーなどを中心に「メンテりてぃくす」を展開し、2020年までに約20億円のビジネス規模とすることを目指す。

 また、今後は製造実行システムやERPなど、既存の基幹系システムのデータと稼働データを「メンテりてぃくす」で組み合わせて分析することで、「産業機械の稼働時間の最適化」「人員配置の最適化」「部品発注の自動化」なども提案していくとしている。

(三柳 英樹)