ニュース

サイバーソリューションズ、クラウド型メールサービスでDR機能を標準提供

 サイバーソリューションズ株式会社は20日、クラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ(サイバーメールシグマ)」において、新バックアップサービス「DR-Σ」を標準提供すると発表した。同日より、順次適用を開始する。

 「DR-Σ」では、メールアーカイブシステム「MAILBASE」を利用し、多拠点によるメールデータのリアルタイムアーカイブを実施しており、全ユーザーの一定期間のデータすべてを保存するという。

 万一CYBERMAILΣのシステムがダウンしても、クラウド型BCP対策待機系メールサービス「EMERGENCY Σ」のノウハウを生かし、DR(ディザスタリカバリ)サイトへの即時切り替えが行われる。DRサイトでは、ダウン寸前のメール送受信データまでが保全されており、直近1カ月のメールは早期に復旧されるので、業務への支障を最低限にできるとのこと。なお、1カ月以上前のデータは順次復旧される。

(石井 一志)