ニュース

スーパーストリーム、SuperStream-NX向けの「電債オプション」を提供

 スーパーストリーム株式会社は7日、株式会社シーアイエスの電子記録債権・債務管理機能を、「SuperStream-NX 電債オプション」として同日より販売する。

 電子記録債権は、手形・売掛債権等の問題点を克服した新しい類型の金銭債権です。電子記録債権の発生・譲渡は、電子債権記録機関の記録原簿に電子記録することが、その効力発生の要件であり、昨今、手形に代わる新たな決済手段として、電子記録債権を利用する企業が増加しています。

 「SuperStream-NX 電債オプション」は、電子記録債権・債務の発生から決済までの管理を行うシステムで、顛末処理としては「譲渡」「分割譲渡」「割引」「分割割引」「取消」といった各処理に対応。発生した仕訳データはSuperStream-NX統合会計とシームレスに連携できるという。

 また電子記録債務の支払データは、SuperStream-NX統合会計の支払管理から抽出可能なほか、電子債権記録機関「でんさいネット」「JEMCO」にアップロードする発生記録請求データなどの作成も行える。

 価格は、「SuperStream-NX 電債オプション Base User License」5スタンダードユーザーで100万円(税別)から。

 スーパーストリームでは、パートナーとともにSuperStream製品の新規・既存ユーザー向けに提案する考えで、2020年までにSuperStreamの累計導入社数1万社を目指すとしている。

(石井 一志)