ニュース

ブイキューブが開発子会社を設立、仙台に開発拠点を開設へ

 株式会社ブイキューブは5日、ビジュアルコミュニケーションサービス「V-CUBE」の開発子会社として、株式会社ブイキューブテクニカルワークスを設立すると発表した。同社は宮城県仙台市に開発拠点を設け、シンガポール、東京にあるブイキューブの開発拠点と連携して、開発業務などを行うという。

 ブイキューブでは2012年1月、シンガポールにR&D機能を備えた開発子会社を設立し、シンガポールと東京で多国籍のエンジニアによる開発を続けてきたが、V-CUBEの活用範囲が広がり、遠隔教育や遠隔医療といった社会インフラとなるコミュニケーションプラットフォームとしても注目が高まっていることから、開発体制の強化が必要と判断。仙台に開発拠点を開設した。

 仙台の開発拠点では、シンガポールや東京の開発拠点と共同で、最新技術の研究ならびにV-CUBEサービスの開発・保守・運用に取り組む計画で、仙台での本格的な業務開始は、2016年2月に開始される予定だ。

 なお、ブイキューブは大阪、名古屋、福岡に営業拠点を開設してきたが、東京以外の国内に開発拠点を設けるのは今回が初めてとのこと。

(石井 一志)