ニュース

ALSI、クラウド型ウェブフィルタリングサービス「InterSafe CATS」最新版、セーフサーチの常時有効化機能を追加

 アルプスシステムインテグレーション株式会社(以下、ALSI)は21日、クラウド型ウェブフィルタリングサービス「InterSafe CATS」の新バージョンの販売を開始した。

 「InterSafe CATS」は、マルチデバイス(Windows、iOS、Android)に対応するクラウド型のウェブフィルタリングサービス。ポリシー設定からアクセス規制、ログ管理などをクラウド上のサーバーで行なうため簡単に導入・運用でき、社内外のウェブアクセス一元管理を実現する。

「セーフサーチロック機能」のイメージ

 新バージョンの「InterSafe CATS Ver. 4.4」では、「セーフサーチロック機能」を追加。YouTube、Google、Yahoo、Bingが提供している、検索結果一覧に表示される不適切な動画や画像表示をブロックする「セーフサーチ機能」を、システム管理者が強制的にクライアント端末に適用できる。

 このほか、クライアント端末の動作環境として、Windows 10を追加した。

 サービスの1ユーザーあたりの価格(税別、5〜99ユーザーの場合)は、一般ライセンスが年額3000円、ガバメントライセンスが年額2700円、アカデミックライセンスが年額2700円。

(三柳 英樹)