ニュース

「Eight」新展開、カメラのキタムラ全国900店舗で名刺スキャン代行

 Sansan株式会社は13日、名刺管理アプリ「Eight」が実施する「どこでもスキャン計画」の新展開として、株式会社キタムラと提携し、全国900カ所の「カメラのキタムラ」にてEight専用の店舗預かり型名刺スキャン代行サービスを開始すると発表した。

 カメラのキタムラにて実施する店舗預かり型の名刺スキャン代行サービスでは、ユーザーが名刺を店舗に預けると、キタムラが名刺のスキャン作業を代行する。3日以内に名刺は返却可能となり、データがEightに取り込まれる。

 これまで首都圏のみで展開していた名刺取り込み代行サービスを、全国900カ所の店舗網を持つキタムラと共同で提供することで、日本全国で名刺をスキャンする環境を整える。8月中旬からカメラのキタムラ日本橋店で実験提供を始め、9月以降順次主要都市に拡大する予定。

 Sansanは今後の取り組みとして、「名刺管理アプリの利用における一番の障壁は“名刺の取り込み作業”であると定義し、ユーザーがどこでも簡単に名刺を取り込む環境の普及に努める」としている。

 今回のキタムラとのサービス提供を皮切りに、今後2年以内に全国2万カ所にEight専用の名刺取り込みスキャナを設置する予定で、計画初年にあたる2014年は5000カ所への設置完了を目指す。ビジネスパーソンが立ち寄るカフェや貸し会議室などに設置するほか、アンバサダー制度を制定し、ユーザーのオフィスや飲食店などへの専用スキャナ配付・展開も計画している。

(川島 弘之)