ニュース

ブランドダイアログが「MDM+」を発売、コンテンツ/アプリ管理機能も搭載

 ブランドダイアログ株式会社は21日、スマートデバイス管理サービス「MDM+」を発売した。価格はデバイス登録台数10台までで月額2000円(税別)から。

 MDM+はスマートデバイスの端末管理やセキュリティ管理を行うサービス。端末情報・ユーザー情報の管理をはじめ、機能制限やコンテンツ制御、スマートデバイス紛失時の端末ロックや初期化、GPSによる追跡、iPhoneのJailbreakやAndroidのルート化を検知する機能などが搭載されている。

 MDM+のプラスが示すとおり、MDMの機能だけでなく、ドキュメントを端末へ配信・管理する「MCM(モバイルコンテンツ管理)」とアプリを端末へ配信・管理する「MAM(モバイルアプリケーション管理)」機能も備えるのが特長。

 価格は、デバイス登録台数10台まで・データ保存容量20GBで初期費用が2万4000円(税別)、月額費用が2000円(同)。登録デバイス追加費用は10台単位で月額2000円(同)。

 発売を記念してMDM+と「Knowledge Suite」を同時に契約する企業を対象に、MDM+の初期費用を無性にするキャンペーンも実施する。キャンペーン期間は8月21日〜11月29日。

(川島 弘之)