ニュース

PMCシエラ、AdaptecブランドのSAS/SATA HBAを発表〜最大100万IOPSを実現する「7Hシリーズ」など

Adaptec SAS/SATA HBAファミリ

 ピーエムシー・シエラ・ジャパン株式会社(以下、PMCシエラ)は21日、SAS/SATAインターフェイスを備えるホストバスアダプタ(HBA)製品群「Adaptec SAS/SATA HBAファミリ」を、2013年第2四半期に販売開始すると発表した。これによって、SAS/SATA HBA市場に本格参入するという。

 「Adaptec SAS/SATA HBAファミリ」は、6Gbps SAS/SATAインターフェイスを備えたHBA。データセンター向けのDASから、HDD、SSD、リムーバブルメディア、テープドライブまで、さまざまなストレージデバイスとの接続に対応する。ラインアップには、高いパフォーマンスを発揮する「Adaptec 7Hシリーズ」、同シリーズに暗号化機能を加えた「Adaptec 7Heシリーズ」、コストパフォーマンス重視の「Adaptec 6Hシリーズ」を用意した。

 このうちAdaptec 7Hシリーズは、PM8018コントローラチップを搭載する、PCI Express Gen3 x8接続のHBA。外部8ポート(7085H)、内部8ポート(7805H)、外部16ポート(70165H)、内部16ポート(71605H)の4製品をラインアップしており、最大100万IOPSの高性能を提供する。なお、競合製品では8ポートまでしか提供されていないため、PMCシエラでは、「PCI Express Gen3の帯域をフルに生かせるのはPMC製品だけだ」とアピールした。

 2つ目のAdaptec 7Heシリーズは、Adaptec 7HシリーズにAES 256ビットのハードウェア暗号化機能を追加したモデル。インラインですべてのデータを暗号化できるが、暗号鍵はHBAに存在するため、使用したディスクを廃棄する必要が生じた場合も、機密情報の漏えいを心配せずに廃棄できるとのこと。もちろん、廃棄されたディスクが別のAdaptec 7Hシリーズと接続されても、暗号鍵が異なるためデータの復号はできない。ラインアップは、外部16ポート(70165He)、内部16ポート(71605He)が用意される。

 最後のAdaptec 6Hシリーズは、PM8001コントローラチップを搭載する、PCI Express Gen2 x4接続のHBA。コストパフォーマンスを重視するモデルながら、最大25万IOPSの高い性能を発揮できるという。ラインアップは、内部4ポート(6405H)、内部8ポート(6805H)の2製品が用意された。

 なお、いずれのモデルもロープロファイルMD2フォームファクタを採用。Windows、VMware、Linuxといった幅広いプラットフォームに対応し、共通のドライバと管理ツールを使用する。

(石井 一志)