ニュース

バラクーダ、ウェブアプリケーションの脆弱性を検知する「Barracuda Vulnerability Manager」

 バラクーダネットワークスジャパン株式会社は15日、ウェブサイトやウェブアプリケーションの脆弱性を検知するクラウドベースのサービス「Barracuda Vulnerability Manager」を発表した。15日からはバラクーダネットワークス製品の既存ユーザー向けに、期限付きで無償での提供を開始した。

 Barracuda Vulnerability Managerは、オンプレミス、仮想環境、パブリック/プライベートクラウドでホスティングされているウェブサイトやウェブアプリケーションをスキャンし、特定された脆弱性に対して自動的に軽減ポリシーを作成・適用して対策を講じることができるサービス。

 ウェブアプリケーションファイアウォールの「Barracuda Web Application Firewall」とシームレスに連携し、物理アプライアンスや仮想アプライアンス、パブリッククラウドで実装することが可能。Barracuda Vulnerability Managerで検出された脆弱性は即時にBarracuda Web Application Firewallにインポートされ、自動的に軽減ルールが生成された後、迅速に適用される。同時に、一般的に知られるウェブアプリケーションの脆弱性も検知し、安全処置を施すエンドツーエンドのソリューションも提供される。

 Barracuda Vulnerability Managerは、直感操作が可能なウェブベースのインターフェイスを持つ「Barracuda Cloud Control」により一元管理され、場所を問わず複数のバラクーダソリューションを管理できる。

(三柳 英樹)