ニュース

ヤフーと電通、“旬なコンテンツ”をデジタルサイネージに表示する実証実験

 ヤフー株式会社は14日、株式会社電通と共同で、生活者に関心の高い旬なコンテンツをほぼリアルタイムでデジタルサイネージに自動配信する実証実験を開始した。

デジタルサイネージの放映イメージ画像

 実証実験は、都営大江戸線六本木駅のプラットホーム上に設置されているデジタルサイネージ「六本木ホームビジョン」において、3月14日〜20日の7日間実施する。

 配信コンテンツでは「リアルタイム・ハクション・サイネージ」として、電車がホームに進入してくるタイミングと連動して、デジタルサイネージの表示情報が「Yahoo!地図」の「桜の開花予報」から、「Yahoo!天気・災害」の「花粉情報」に変わるインタラクティブなコンテンツを表示する。同コンテンツは2番線ホームの11、13、15、17番柱、向かって左面のみで実施する。

 また、その他のサイネージでは、Twitter上で話題になっているキーワードを独自の抽出方法で紹介するランキングコンテンツ「Yahoo!リアルタイム検索」の「話題のツイート」や、「Yahoo!天気・災害」の「気象予報」を活用した六本木周辺の天気予報、「Yahoo!映画」の「上映スケジュール」を活用した六本木周辺にある映画館の上映スケジュールなどのコンテンツを配信する。

 ヤフーと電通では、デジタルサイネージの多くは、あらかじめコンテンツを制作して、事前に入稿作業を行わないと放映することができないという課題があり、こうした課題を解決するため、デジタルサイネージに接続するだけで即時性が求められるコンテンツを簡単に自動で放映できる独自システムを開発したと説明。同システムを導入することで、常に新しいコンテンツを放映することができ、デジタルサイネージへの注目度が向上し、広告メディアとしての価値も高まることが期待されるとしている。

(三柳 英樹)