ニュース

FileMaker Proデータベースからウェブアプリを作成できる「FMPress Publisher」新バージョン

 株式会社エミックは8日、FileMaker Proデータベースからウェブアプリを生成できる「FMPress Publisher」の新バージョンとなる「FMPress Publisher 3」の提供を開始した。

 FMPress Publisherは、エミックが提供する専用サーバーによるホスティングサービス「FMPress」で提供している、FileMakerデータベースからウェブアプリを生成・運用できるサービス。

 新しいバージョン3では、FileMaker 13以降を利用している場合に、FileMakerデータベースのオブジェクトフィールドに、画像ファイルを直接登録できるウェブアプリの作成に対応。ウェブブラウザーからドラッグ&ドロップで画像ファイルをアップロードできるようになり、スマートフォンのカメラで撮影した写真や、タブレットに格納されている画像や写真を直接データベースに登録できるようになった。この新機能により、例えば中古自動車の買い取りや自動車事故の査定、不動産取引における現況確認といった、画像データの添付が求められるデータベースに活用できる。

 また、スマートフォンやタブレット環境において、スライドコントロールのタッチ操作をできるようにしたほか、FileMaker 14から導入されたプレースホルダテキストを部分的にサポートするなど、操作性を向上するための機能を追加。JavaScriptを利用したクイック検索機能を設定できるようになり、より実用的なウェブアプリを手軽に作れるようにした。

 FMPress Publisher 3は、FMPress14〜11のホスティングサービス契約者を対象として提供。ホスティングサービスの価格は月額2万9800円(税別)。

(三柳 英樹)