ニュース

ネットアップとクニエ、企業のストレージインフラ最適化を支援する無償アセスメントサービス

 ネットアップ株式会社と株式会社クニエは3日、共同で、企業のITインフラを最適化するためのアセスメントサービスを無償で提供すると発表した。

 サービスでは、ネットアップとクニエの専門の担当者が、ストレージリソース管理ツール「NetApp OnCommand Insight」を活用し、顧客の環境に合わせた無償のアセスメントを通じて、ストレージインフラの管理と最適化を支援する。

 これにより、プライベート/パブリック/ハイブリッドのクラウド環境や、使用する機器ベンダーを問わず、自社のインフラを最適化するために必要な見識を獲得できる。具体的には、使用可能または十分に活用されていないストレージインフラの特定と最適化や、エンドツーエンドのストレージパフォーマンスの監視、将来必要となりそうなストレージの予測、構成情報やパフォーマンス情報の分析、クラウドの活用レベルやITマネジメントの有効性の確認などが可能になるとしている。

 アセスメントサービスの内容は、アセスメントの対象や範囲を特定するためのヒアリング、顧客環境へのNetApp OnCommand Insightのセットアップ、NetApp OnCommand Insightによるデータ収集ならびに分析、アセスメントレポートの作成、改善策の提案で構成され、所要期間は約1カ月。

 また、NetApp OnCommand Insightを活用したアセスメントサービスを、より詳細に紹介する機会として、今後、セミナーを2社共同で開催する予定としている。

(三柳 英樹)