ニュース

SBT、Azure上でファイルサーバー機能を提供する「FileServer on Cloud」

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(以下、SBT)は25日、Microsoft Azure上でファイルサーバー機能を提供する「FileServer on Cloud」の販売を開始した。

FileServer on Cloudの概念図

 SBTでは、安全性を担保した企業情報システムのクラウド化ニーズに対応することを目的として、「on Cloudシリーズ」としては5つ目の製品となる「FileServer on Cloud」の販売を開始。クラウドプラットフォームのMicrosoft Azure上で提供するため可用性が高く、保存領域の拡張も簡単に対応が可能で、ユーザーも従来のファイルサーバーと同じ使用感で利用できる。

 クローズドネットワーク経由でAzureに接続し、高速でセキュアなファイルアクセスを実現する「ExpressRoute」に対応 。社内のActive Directoryと(AD)と連携することで、利用中のAD情報を元にアクセス権を設定できる。ウイルス対策、サーバー監視・通報、問い合わせ、簡易バックアップなどを標準で提供。オプションとして、Azureに上へのADの複製構築や、ユーザー単位での保存容量の上限設定機能などを提供する。

 料金(税別)は、FileServer on Cloudと専用線接続サービスExpressRoute定額100Mの場合で、初期費用が45万円、月額料金が容量1TBで21万円、2TBで23万円、4TBで29万円、8TBで39万円、16TBで59万円。SBTでは、2017年度末までに100社への導入を目指す。

(三柳 英樹)