ニュース

Colt、シンガポールで自社ネットワーク運用のイーサネットサービスを提供開始

 Coltテクノロジーサービス株式会社は18日、シンガポールに新たな自社ネットワークを展開し、同国における次世代イーサネットサービス「etherXEN SG」の提供を開始した。

 Coltが関東首都圏および大阪エリアで提供している超低遅延かつ高品質なイーサネットサービス「etherXEN」を、シンガポールに拡張したサービス。クラウドやデータセンターとの親和性が高く、広帯域への需要に対応する。

 「etherXEN SG」は、コアバックボーンネットワークの全体を冗長構成とし、SDNベースのプラットフォームを活用。Coltが回線敷設および運用をエンドツーエンドで行う。サービスを構成するネットワーク機器はMEFキャリアイーサネットCE2.0認証に準拠し、国際標準に沿ったネットワーク仕様と品質を保証。契約期間は最短3カ月と柔軟性の高い契約形態で、SLA(サービス品質保証)に追加でサービス提供納期、 MTTR(平均復旧時間)、パケットロスに関する品質保証を含むことも可能となっている。

 Coltは、都市部(メトロエリア)に特化してネットワーク基盤を拡大しており、今回のシンガポールにより、Coltが日本国内や海外の既存メトロエリアで展開するネットワークサービスは合計48となる。Coltでは、これらメトロエリアに拠点を持つ日本企業を含む多国籍企業などが求めるネットワーク接続の需要に今後も応えていくとしている。

(三柳 英樹)