ニュース

電通、ISID、三菱地所、FinTechスタートアップ支援拠点「Fino Lab」を東京・大手町に開設

 株式会社電通と株式会社電通国際情報サービス(ISID)は15日、三菱地所株式会社との協業により、FinTech領域のスタートアップ企業を支援するための産業拠点「The FinTech Center of Tokyo Fino Lab(以下、Fino Lab)」を2月1日に開設すると発表した。

Fino Labのロゴマーク

 Fino Labは、ファイナンス分野に特化したFinTech企業を対象とする産業拠点として、東京の大手町エリアに開設。FinTech領域のスタートアップ企業を支援するイベント(セミナー、マッチングイベントなど)の開催や、社内外の専門家によるメンタリング、国内外の投資家や需要家へのプレゼンテーションとマッチング機会の創出、FinTechスタートアップ企業と参画企業による共同研究の推進、FinTechエコシステムの形成などを行う。

 また、電通グループのマーケティングやブランディングに関するリソース、ソリューションをスタートアップ企業に提供することで、当該企業の事業や起業家の支援を推進していくと説明。FinTechに関連する各領域のプロフェッショナルである有志個人(弁護士、投資家、起業家、金融従事者など)により、1月に設立予定の一般社団法人金融革新同友会「Finovators(フィノベーターズ)」とも密に連携していくという。

(三柳 英樹)