ニュース

国内ソフトウェア市場、2015年上半期の市場規模は1兆3000億円〜IDC Japan調査

 IDC Japan株式会社は22日、国内ソフトウェア市場の2015年上半期(1〜6月)の実績と2015年〜2019年の予測を発表した。IDCが定義するソフトウェア市場にはパッケージソフトウェアのほか、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)の売上額が含まれる。

 2015年上半期の国内ソフトウェア市場は1兆3232億8900万円(前年同期比4.6%増)。前年同期のWindows XPサポート終了特需と消費税増税前の駆け込み需要の反動は比較的軽微で、堅調な成長となったとしている。

国内ソフトウェア市場予測:2014年〜2019年(出典:IDC Japan)

 大分類市場別では、アプリケーション市場が前年同期比3.9%増、アプリケーション開発/デプロイメント市場が同5.9%増、システムインフラストラクチャ市場が同4.5%増。最も成長率が高いアプリケーション開発/デプロイメント市場では、データアナリティクス需要の高まりにより、ビジュアライゼーションBI(Business Intelligence)ツールやクラウド型データベースサービスが高い成長となっている。

 2015年通年の国内ソフトウェア市場は前年比成長率4.2%、2016年は前年比成長率4.5%を予測。2014年〜2019年の年間平均成長率は4.2%で、2019年には3兆1147億円に達すると予測している。

 大分類市場別の2014年〜2019年の年間平均成長率は、アプリケーション市場が3.1%、アプリケーション開発/デプロイメント市場が5.6%、システムインフラストラクチャ市場が4.5%と予測している。

 IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの入谷光浩氏は、「2016年からは第3のプラットフォーム上でデジタルトランスフォーメーション(DX)の動きが台頭する。DXはアプリケーション開発に変革をもたらし、ユーザー企業が自社のビジネスモデルにあわせてアプリケーションをデザインし、ソフトウェアコンポーネントやクラウドサービスを組み合わせて開発する。そしてソフトウェアベンダーには、従来の重厚長大な統合型パッケージではなく、ソフトウェアやクラウドサービスを通じて細かいコンポーネントを迅速に提供していくことが求められるようになっていく。ソフトウェアベンダーはDXをソフトウェアビジネス戦略の中核に据え、既存のビジネスや製品にとらわれずに、DXのあらゆるビジネス機会の可能性を探っていくことが重要である」とコメントしている。

(三柳 英樹)