ニュース

NTT東日本、内線通話機能をクラウド化する「ひかりクラウドPBX」

 東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は21日、内線通話機能をクラウド化するクラウド型PBXサービス「ひかりクラウドPBX」を2016年1月21日に提供開始すると発表した。

 「ひかりクラウドPBX」は、従来のPBXやビジネスフォン等の通信機器が備えた内線通話機能、グループ着信機能、転送機能などに加え、スマートフォンやパソコンなどのデバイスでロケーションを問わずに無料で内線電話を利用できるクラウドサービス。

「ひかりクラウドPBX」サービス構成

 PBX機能をクラウド上で実現するため、各拠点へのPBX装置設置が不要となり、オフィスの通信設備コストの削減が可能。月々の利用料のみで利用できるため、短期間利用のニーズにも対応する。

 運用面でも、複数拠点の内線番号の追加や変更などをウェブ上で簡易に設定でき、管理コストが削減可能。固定電話端末だけでなく、スマートフォンやパソコンの専用アプリケーションなどから利用でき、スマートフォンなどをWi-Fi環境から利用することで、オフィス内電話環境の無線化や、外出先からでも無料で内線通話を利用できる。

 提供条件は、NTT東日本エリア内において、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」または光コラボレーション事業者が提供する光アクセスサービスの契約が最低1契約あることが必要。

 月額料金(税別)は、内線・外線を合わせた同時接続数(全体チャネル)10チャネルを含む10IDパックが月額1万円。最大500ID・150チャネルまで対応する。新設工事費(税別)は、設定代行ありの場合が1万5000円、設定代行なしの場合が1万3000円など。

(三柳 英樹)