ニュース

TDCソフトウェアエンジニアリング、富士通SSLのメール誤送信防止製品を採用

わかりやすいGUIやクライアントソフトウェア方式を評価

 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下、富士通SSL)は27日、TDCソフトウェアエンジニアリング株式会社が、メール誤送信防止製品「FUJITSU Security Solution SHieldMailChecker 誤送信防止」(以下、SHieldMailChecker 誤送信防止)を採用し、本格運用を開始したと発表した。

 「SHieldMailChecker 誤送信防止」は、メール送信時にアドレスや添付ファイルの再確認を促すことで、「うっかりミス」によるメールの誤送信を未然に防止する製品。Microsoft Outlookなどの主要メールソフトに対応したクライアントソフトウェアとして提供され、スモールスタートおよび短期導入に対応する。

 また、GUIを用いてシンプルな操作を行えるため、作業の生産性を下げることなくメール誤送信による情報漏えいリスクを低減できる点も特徴。ZIPファイル暗号化とパスワード通知メールの自動送信機能を利用すれば、手作業でのZIPファイル暗号化が不要となり、メール送信にかかる手間を軽減可能とのこと。

 TDCソフトウェアエンジニアリングでは、社外に添付ファイルを送る際は、ZIPファイルを暗号化し、メールソフトの標準機能を利用して上長承認を得る運用を行っていたが、人手による運用のため形骸化が懸念されていたという。そこで、複数製品を比較検討した結果、シンプルな操作画面で送信者本人がアドレスや添付ファイルを確認できること、クライアントソフトウェアのため社内システムへの影響が少なく、スモールスタートが可能なことを評価し、「SHieldMailChecker 誤送信防止」を採用した。

 同社は、情報システム部や総務部など間接部門から営業部門へと段階的に導入。このたび、本社の全部門への導入が完了している。

 今後、TDCソフトウェアエンジニアリングでは、「SHieldMailChecker 誤送信防止」の社内へのより一層の定着化を推進するとともに、社外常駐者が使するメールソフトウェアに対しても導入を検討するとのことだ。

(石井 一志)