ニュース

エプソンの眼鏡型デバイス「MOVERIO Pro」が発売、アプリ開発支援プログラムもスタート

 セイコーエプソン株式会社およびエプソン販売株式会社は17日、スマートヘッドセット「MOVERIO Pro(モベリオ プロ)」を発売した。合わせて、各種オプション品の販売、アプリ開発パートナープログラムについても発表した。

発売された「MOVERIO Pro(BT-2000)」

 発売されたのは、今年6月発表の「BT-2000」。眼鏡のように装着し、視野内に画像やアプリを表示させられる。ハンズフリー構造のため、BT-2000に作業マニュアルなどを表示しながら、別の作業を行うことが可能。

 BT-2000の直販価格は最小構成時で36万円(税別)。ただし、実際の利用にあたってはシステムないしアプリケーションを組み合わせる必要がある。

 オプション品は全部で5種類。「4連バッテリーチャージャー(BO-QC2000)」のほか、眼鏡レンズを取り付けるためのホルダーもラインナップされる。

 また、「MOVERIO Pro パートナープログラム」が発表された。BT-2000を活用したアプリの開発およびプロモーションの支援を行う。プログラムへの登録・年会費は無料。10月から正式にスタートする。

BT-2000の利用イメージ

(森田 秀一)