ニュース

双日システムズ、IE6互換ブラウザ「thinforie」がIE8にも対応

 双日システムズ株式会社は26日、Internet Explorer(IE)6互換ブラウザ「thinforie」において、IE8対応版を提供すると発表した。アプリケーション仮想化製品「VMware ThinApp」を導入するユーザーに対して、同日より無償で提供する。

 thinforieは、IE6互換を実現した独自Webブラウザ。ThinAppと組み合わせることにより、Windows XPで利用していたIE6アプリケーションを、そのままの画面と操作性で、Windows 7/8でも利用できるようにする。Microsoftでは、Windows 7/8で仮想化したIE6アプリケーションを使用することをライセンス違反としているが、thinforieはMicrosoftのライセンスポリシーに抵触しないほか、ユーザー環境やアプリケーションに合わせた改修にも対応するとのこと。

 双日システムズでは、この、thinforieとThinAppの組み合わせにより、多くのユーザーのWindows XPからの移行を実現していたが、Windows XP/Windows 7上で使用している業務アプリケーションを、最新OSでも継続して運用したいというユーザーの声を取り入れ、今回、IE8にも対応した。

 IEでは、セキュリティ対策上、常に最新の環境で運用することが推奨されているが、双日システムズでは、業務アプリケーションを「thinforie」で利用することで、通常のWebブラウザを常に最新へバージョンアップしての運用が可能になるとしている。

(石井 一志)