2014年10月23日

2014年10月22日

2014年10月21日

2014年10月20日

2014年10月17日

日立Sol、グローバルセキュリティ市場に本格参入

北米へPCフルディスク暗号化製品を展開


 株式会社日立ソリューションズ(以下、日立Sol)は26日、PCを保護するエンドポイントセキュリティ製品「Credeon Endpoint Encryption」を4月30日より北米向けに販売する。今後「Credeon」シリーズを拡大し、得意とするセキュリティ分野において本格的にグローバル事業を展開するとしている。

 Credeon Endpoint Encryptionは導入や管理のしやすさに特長のあるPCフルディスク暗号化製品。直感的な分かりやすい操作性を有し、製品の入手からクライアントの暗号化開始まで約10分で準備できるという。また、サーバーレスなため管理者の負担は少なく、HDDすべてを暗号化するため、ノートPCを盗難・紛失した場合も第三者にデータを盗み見られる心配がない。さらに「その暗号モジュールは、IPAと米NISTの共同認証を取得しており、その安全性が認められている」としてアピールしている。

 情報漏えい防止が注目される昨今、米国でも医療の電子化などの社会的背景から、州や業界団体によるセキュリティ法規制が強化されており、セキュリティへの意識も高間立っている。そのような中で、データの暗号化は情報漏えい時の通知義務の免責事項として、州法などで制定される例が増えており、今後もニーズが高まると予想される。

 日立Solはこれまで日本企業を中心にファイアウォールなどのセキュリティソリューションを幅広く提供してきた。この経験や知識を生かし、世界に通用する品質の高さを実現するとともに、業務を止めずに簡単に導入できるフルディスク暗号化製品を北米に向けて展開する。

 今後は、Credeon Endpoint Encryptionにフォルダ・ファイルの暗号化機能、メディア暗号化機能を拡充するとともに、モバイル端末のセキュリティにも対応する予定。また、ファイルの中身を自動的に判別してデータの流出を未然に防ぐDLP(Data Loss Prevention)を提供することで、Credeonシリーズ自体を拡大していく方針。

 北米への展開を皮切りに、アジアなどにも提供地域を広げることで、Credeonシリーズで2015年度に20億円の売上を目指す。

関連情報
(川島 弘之)
2012/4/26 13:21